読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOU CAN (NOT) REDO.

厨二はじめました。

Appleが嫌いだ。

f:id:redoing:20161123093312j:plain

ジョブズが死んで、Appleは終焉を迎えたという人が大勢いたが、息をしているだろうか。彼らはジョブズが遺した死海文書を忠実に再現し、一向に衰える気配を見せない。Appleの製品群はいつも魅力的なデザインと快適な操作性を兼ね備えて、敵ながら惚れ惚れしてしまう。なんとまぁ妬ましい。

私のApple嫌いは15年ほど前まで遡る。当時、MDプレイヤーに取って代わるものとしてmp3プレイヤーの黎明期を迎えていた。AppleSONYはもちろん、各社間違いなく今後の巨大マーケットとなるこの製品開発に取り組んだ。容量は128MBもあればハイエンド機と呼ばれるような、今となってはオモチャのような代物だ。だがしかしbut、けどけれどyet。ヘッドホン一体型、腕時計型、外部メモリ対応型、ラジオ搭載型、挙句の果にはカセットテープ型なんていう変態型も数多く存在していた。そう、無限の可能性、即ち夢があったのだ。

だが、iPodはことごとく正解を提示してきた。斬新かつ直感的なインターフェイス。ケタ外れの容量搭載、iTunesというプラットフォームまで巻き込んだ製品構築。現在のiPhoneおよびApple Storeをはじめとする各種サービスの原型がそこにあった。こんなの勝てるわけがない。レーザーガン標準装備の帝国軍に竹槍片手に気球で突っ込んでいくようなものである。

Appleはいつも正しい。消費者を籠絡してマジョリティ層をアーリーアダプター層まで引き上げ、競合他社の挑戦作をことごとく産廃にしてきた。そう、真の産廃製造機はAppleだ。時代を拓くリーダーの顔をして、時代を牛耳るボスである彼らのせいでイノベーターは産廃に夢を見られなくなり、ラガードへと堕ちていく。