読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOU CAN (NOT) REDO.

厨二はじめました。

ガブリアスが嫌いだ。

f:id:redoing:20161125201515p:plain

ポケモンにどハマり中である。GO?違う違う。あんな餓鬼とメス向けのお遊びのことではない。私が心血注いでいるのは、先日3DSで発売された本家本元、ポケットモンスター サン&ムーンのことである。前作XYについては999時間以上プレイし、正確なプレイ時間を計れずにいるほどにやりこんだ。

博士から貰ったポケモンを連れて街を出る。様々な土地で人に出会い、世界の闇と対峙して大人になっていく。それらすべての出来事に深く関わっているのが、ポケモンという存在である…が、このゲームにおいてここまでは前座に過ぎない。本題は、この先…各ゲームソフトで最強のポケモントレーナーとなった者たち同士で競う(Wi-Fi)対戦である。

達人同士のバトルは、よく将棋に喩えられる。まずお互いの選りすぐりの6匹を見せ合い、そこから3匹を選出して戦うのだが、この時点で読み合いが発生する。6匹のバランスから各ポケモンが得意とする戦型を読み、自分が選出する3匹まで絞り込む。知恵熱必至である。

だが、数あるポケモンの中でも、主人公と謳われるポケモンがいる。私はそいつを許せない。もちろん、ピカチュウ(笑)といった餓鬼とメス向けのマスコットではない。彼の名はガブリアス。将棋で喩えるなら、クイーンの機動力とナイトのトリッキーさを兼ね備えた万能駒である。そう、こっちは将棋をしているのに、チェスの駒を持ってきやがった…そんなポケモンなのだ。

私もガブリアスを使いたく、必死に強い個体を確保し育て挙げたこともあった。が、私が使うガブは弱かった。鉢巻ガブも、スカーフガブも、襷ステロ剣舞ガブも、粉砂がくれガブですら…使いこなせなかった。自身が取るに足らない存在だということを忘れ、調子に乗ってしまった日陰者の末路である。そう、強いポケモンは必然、すべてのトレーナーから親の敵のごとく対策されている。一見、労せず勝利を手にしているようにも見えるガブ使いも苦労しているのだ。私には鉢巻ガブリアスで逆鱗をブッ放すより、ゴツメヌオーでメガガルーラをゴリゴリ削ってドヤって通信切断されたり、ねむねごメガヤドランとメガ石持ちハピナスのループで詰ませて通信切断されたり、からやぶバトン受けバレル(奇形)で全催眠して会社の同期が二度とポケモン触らなくなるほどのトラウマを与えたり、両壁ロトムからの腹太鼓アクジェマリルリ派遣さんをボコボコにしてドン引きされる方が性に合っているのだ。

何より、最新作ではNintendoがガブリアス対策にその重い腰を上げた。ガブリアスを筆頭としたドラゴンタイプに強いフェアリータイプが大幅に強化された。そうすると必然、フェアリーに強い鋼タイプの使用率が上がる。ドラゴンタイプは鋼タイプにも弱く、向かい風…のように思えるが、ガブリアスは地面タイプを持っており、鋼にはめっぽう強い。鋼とフェアリーに強い炎タイプに対しても強い上、今作でフェアリーと同じく強化された電気タイプの攻撃は、なんとガブリアスには一切ダメージを与えられないのである。…がんばれガブリアス、お前がナンバーワンだ。