読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOU CAN (NOT) REDO.

厨二はじめました。

川谷絵音が嫌いだ。

f:id:redoing:20161126211326j:plain

嫌いである。私生活のゲスっぷりばかり取り沙汰されているけど、彼はバンドマンとしても相当喰えないやつだと思っている。彼はギター&ボーカルを務め、作詞作曲を手がけるフロントマンだ。ミスチルでいうところの桜井和寿バンプでいえば藤原基央。バンドの顔であるべきだが、彼の影は非常に薄い。ビジュアルだけの話ではなく、アルバム丸々聴いたときに、最も印象に残らないのが彼だったのだ。

まず、曲のパターンが乏しい。ラップとも語りともつかないメロに、キャッチーサビをツギハギするといった手法のみ。完成度の高い「ロマンスがありあまる」以外はやる気が感じられない。勿体無い。その楽曲の上に乗る彼のボーカルも酷いものだ。のっぺらぼうのように無表情な歌唱。まだ初音ミクのほうが表現力が豊かである。余談だが、私も声に感情を込めるのが苦手で、よくカラオケの採点マシーンに叱られる。えのぴょん、仲間だぴょん。そして恥ずかしくなるほど幼い歌詞。オトナチックとはよく言ったもので、"嫌われたって胸張れるだろ"なんて聴いたときは唖然としてしまった。コミュ障かよ。ギターに関しては…本当に言うことがない………

彼に1つ功績があるとしたら、他の三人のメンバーを揃えられたことだ。可愛くてテクもあり可愛くてエロ可愛いドラマー、印象的なフレーズをポンポンと奏でる天才肌のキーボード、凝ったフレーズで楽曲に躍動感を与えるベース。そう、みんなでえのぴょんの尻拭い状態である。

「ロマンス〜」「私以外〜」のようなヒットをたまに出すからタチが悪いのだが、この際えのぴょんのクビを切ってゲスの極みバンド。として三人で活動してはどうだろうか。様々なゲストボーカリストを招いて活動していく方式である。パッと考えただけでも、草野マサムネaikoと組んで彼や彼女の暗黒面を全面に出す、イエモンと組んで吉井和哉といこか様とエロい絡みをさせる、ゴールデンボンバーと組んでいこか様にエロいことさせる。色々できるんじゃないだろうか。まずは第一弾として、ベッキーを招いて「ロマンスがありあまる」を、どうかひとつ。