読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOU CAN (NOT) REDO.

厨二はじめました。

ポケモン メタモンが好きだ。

f:id:redoing:20170111100910j:plain
レートが1890までいった。その後1850まで溶かしてしまったが、どうにかs1中に1900まで狙いたい。
私のプレイングはジバコイル&メガボーマンダによるサイクル戦を軸としているのだが、試合の決定打を高い確率で打ってくれるのがこのメタモンというポケモンだ。メタモンの強さは大きく分けて2つ。偵察性能とタイマン性能だ。第七世代はZ技の登場で道具への依存度が高くなり向かい風かと思われたが、①流行の補助Z技の能力上昇コピー ②流行のUBのビーストブーストの能力上昇コピー ③未だに猛威を振るうメガシンカのコピー ④壁、宿り木、毒々戦法の判別・誤魔化し といった面から、結果追い風になったと感じる。それぞれについて記載する。なお、持ち物は拘りスカーフ推奨。

①流行の補助Z技の能力上昇コピー
対象:イーブイポリゴンZなど
Zワザによる全能力上昇を狙うこの2体に対して、能力上昇のコピーが可能。ポリゴンZは大体がAS振りなので、後出しからスカーフで先手を取って殴り勝てる。イーブイについては基本的にバトン先エースをパクるが、イーブイに化けた場合はバトンでこちらのエースに繋いでも良い。全能力上昇メガマンダのような化物が出来上がる。

②流行のUBのビーストブーストの能力上昇コピー
対象:デンジュモク、カミツルギ
死にだしから能力上昇後のアタッカーUBをパクって返り討ちにすることで、もう一段階の能力上昇を噛ませて止まらなくする。デンジュモクやカミツルギあたりに化けられると美味しい。フェローチェについては、カプ・テテフ、ギルガルドボーマンダを処理して格闘の一貫を作る必要がある。耐久の高いウツロイド、テッカグヤについては殴り勝てないまでも後続エースの圏内に入れることを目指す。

③未だに猛威を振るうメガシンカのコピー
対象:メガボーマンダ、メガギャラドスメガルカリオ、メガハッサム
今作も壊れ性能のメガシンカメガボーマンダには竜舞を2回ほど積ませてから死にだし、メガルカリオには死にだしか格闘・地面以外の誘導からでないと後出しで勝てないが、パクッてしまえば基本的に止まらない。ギャラドスについては、竜舞したメガ後をパクるのはもちろん、メガ前パクり→相手メガシンカのパターンで威嚇入れ&飛行タイプによる地震無効化で安定した処理が可能。ハッサムは剣舞させて泥棒すれば良いので処理が楽。身代わりは泣け。

④壁、宿り木、毒々戦法の判別・誤魔化し
対象:キュウコン、カプ・コケコ、テッカグヤ、ポリゴン2
キュウコン→オーロラベール合戦(後貼りのこちらが有利)
カプ・コケコ→光の壁/リフレクター(後貼りのこちらが有利、なければCSぶっぱなのでボルチェンで逃げるなりマジカルシャインで殴るなり)
テッカグヤ→宿り木合戦(HPの低いこちらが有利、無くても技構成が分かれば後続で対処がしやすくなる)
ポリゴン2→毒々合戦(アタッカーに化ける役割を残せるこちらが有利)

こんな感じで、環境に多いポケモンに対しての処理ルートを多様に持ったポケモンだ。他にも、剣舞ガブリアスや瞑想カプ・レヒレ、殻破パルシェンをパクッて無双したり、範囲の広いマンムーをパクッて殴ったりできる。他の二体は相性補完に優れたコンビで、①積みアタッカーに弱い②身代わりに強い③一貫を切ってくる浮遊・鋼・霊・妖に強い ものを先週すると、無双パターンに持っていきやすい。
使ってみて分かるのだけれども、相手が苦労して育てたエースポケモンをパクッて勝つのはなんとも痛快で、Wi-Fiの向こう側で悔しさに歪む対戦相手の顔を想像するのは病みつきになる。性格の悪いアナタにオススメの1匹である。